浄水フィルターを設置しませんか?給茶機に、流し台に、ウォータークーラーに。

 近年の上水道には、工場・家庭からの排水、また農業・畜産排水などが混じった水が取水され、その有効な消毒方法として大量の塩素が投入されています。
 塩素消毒処理を終えた水は、味の低下や独特のカルキ臭がつくだけでなく、発生するトリハロメタンによる発癌の危険性や、遺伝子に悪影響を及ぼすことが次第にわかってきました。

メンテナンス作業と合わせてご検討ください(浄水フィルターを取り付けるとタンク内も汚れにくくなるのでメンテナンス期間も長くなります。)

浄水フィルターが既に設置されている場合
いくら機械を綺麗にしても水がタンクに入る途中にある浄水フィルターが古いままだと意味がありません。メンテナンスと同時の交換をお勧めします。
浄水フィルターをまだ設置していない場合
水道水は時期によっては塩素が多かったり、水道管が錆びていたりと環境によってかわります。是非、浄水フィルターの取り付けをお勧めします。

当社では、より美味しく、より安全に、自動給茶機や流し台のお茶・お水を飲んでいただくために、定評ある下記の浄水フィルターの設置をおすすめしております。

写真-エバーピュア フィルター[4DC]

エバーピュア フィルター[4DC]

  • ①ろ過能力が0.5ミクロンと細かな異物や健康に有害なアスベストやクリポトスポリジュウムジアルジアスシストなどを除去します。
  • ②活性炭により塩素臭や有機臭等を除去します。
写真-オルガノ フィルター[D-4U]

オルガノ フィルター[D-4U]

  • ①水道水のカルキ臭や赤水を除去し、質の高いおいしい水に変えます。
  • ②0.1μm高性能ろ過膜、及び活性炭を内蔵。
カートリッジ・フィルターの交換の目安
  • 濾過能力の限界や通過水量が減少したとき。
  • カートリッジを取り付けて12ヶ月以上経過している場合。

このページのトップへ戻る